クランクケース組み 続

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

サービスマニュアルによると、クランクケースを閉じた後は、

メインスタンドの組み立てである。

 

その前に、割れたクランクケースより、ファイナルベアリングを(もったいなから)取り出したときのファイナルギアオイルのようすが下。

 

↓ファイナルギアオイル

 

 

かなり鉄粉が紛れ込んでいます。

ファイナルギアベアリング交換後にファイナルギアオイル交換をしていなかったのだが、こいつも初回1000km交換だったっけかな?(ベアリングに損傷はなし)

いずれにせよ、ファイナルギアを組みなおしたら、ファイナルギアオイルは1000km程度ですぐに交換したほうがよさげである。

 

 

↑ メインスタンド再取り付け

 

さて、実はBenly110のクランクケース交換で、最も大変なのが、実はクランクベアリング交換ではなく、

実は、メインスタンドの取り付けであることが判明した。

 

センタースタンド取り付けピポットシャフトの端っこにつける、割ピン(ぐにぐににしてなんとか突っ込んだ)。

 

これに3時間ほどついやすのである・・・。

 

なぜなら、腰下をOHするほど走行距離のあるBenly110は、低床であるためにスキットプレート(エンジン下部に取り付けるエンジン保護用鉄板、オフロードバイクによく取り付けてあります。なお、スーパーカブ110オフロードモデルにはスキットプレートがないので、なんちゃってオフロード風小型バイクである。みえないところにコストカット感を感じる最近のHONDA)

がぐにぐにになってゆがんでいるので、スキットプレートとシャフト間のワッシャーのために(スキットプレートの鉄板が歪んでいるのでその外部につけるワッシャーが均一にシャーシ側につかない)、ピポットシャフトの端っこにある割ピン挿入部の穴を完全に露出させることが困難なのである。

 

従って、左手でもったパイプレンチで無理くりスキットプレートをクランクケース側に圧縮しつつ、右手でペンチでもった割ピンを、約2分の1しか露出しない割ピン用の穴に、ぐりぐりねじ込むのだが、これが、非常に難しい・・・。

たぶん、ここがBenly110オーバーホールの一番の難所であると思われる・・・(こんなどうでもいい感じのところに非常にアナログな労力が費やされるのである)

 

ぐりぐり、ぐりぐり、・・・パキッと、1本だめにしたので、古いのをつかってようやくねじ込むのである・・・。

 

まあ、不可能な場合は、針金でもいい感じはするんだが、せっかくだから。

 

わかる人はわかるんだ。

この0.1mmのクリアランスもない作りが HONDA なんだ!

ハーレーとは違うぜ!!

 

 

クランクケース組み

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

クランクをクランクプーラーでクランクケースに引き込んだところ・・・。

 

 

これは、非常に慎重にやらなければ、

BENLY110の場合、クランクケースのベアリング保持個所が脆弱なため、またHONDAismを味わうことになる。

(HONDAismを感じるには、コストがかかるのです!)

 

じんわりじんわり、クランクプーラーを引きながら、ほんのちょっと新しいクランクケースの、ベアリング保持部の裏側の溶接部の一部が0.1ミクロンほど、まるで、メッキがはがれるような感じで、小片がポロっと落ちた・・・。

(やっぱ、これいじょうやると、HONDAismかな・・・。と思いそのへんでやめとく)

 

で、クランクの蓋を閉じる

 

 

 

クランクの蓋を閉じて、

クランク大腿部のクリアランスを測定、0.1mmとなり、規定最小値であった。

 

しかし、クランクシャフトが固い・・・。サービスマニュアル通り組んで、規定トルクでぼるとは締めてある。

 

まあ、まわりだせば、クリアランスが適正になるのかな、たぶん・・・・。

 

HONDA ism

JUGEMテーマ:車/バイク

 

真のHONDA ismとは・・・。

 

BENLY110のクランクケースにあった!

 

クランクベアリング交換の時。

 

6207 ボールベアリング。

 

たしかに、純正のパーツリストを見ると6207とあるが、NTNの6207を利用すると

 

こうなる ↓

 

 

クランクシャフトを通す穴の手前にベアリングをインストールする枠があるがその下部がちょっと割れる・・・。

 

一見して、同一のものにしか見えないこのベアリング、実は、純正品番の「中華製」のベアリングとは若干厚みが異なる。

従って、トルクをかけてクランクケースを組むと、「バリっ」と薄いベアリングをホールドするアルミが割れるしくみなのである・・・。

 

しかし、純正のサービスマニュアルとパーツリストだけだと、「日本製」のNTNのベアリングのが良さげに見えてしようがないのだが、ここのボールベアリングだけは純正品番でHONDAから取り寄せないとこうなる・・・。

(なお、ファイナルギアのベアリングはNTNで大丈夫だったのだが)

 

「騙されやがったなコノヤロー!」

 

まさに、伝説となった、本田宗一郎の魂がBENLY110のハートに息づいている瞬間を感じたのである。

 

Benly110 エンジンオーバーホール

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

 

走行距離86000km

 

クランクベアリング 引っ掛かり有り。

 

ビジネスバイクは、100000km近くで、ベアリングを全て交換する必要がありそうです。

ファイナルギアベアリングの一つはボールが粉砕して回ってましたので、エンジン音が「キュイーン」という感じの音になってました。

 

必要な工具

 

プレート型ベアリングプーラー(中 50−75mm 及び 大 75−100mm)

Benly110のクランクベアリングは、ちょうど75mmなので、中だと小さすぎ、大だと大きすぎる中途半ぱなサイズ、

大で噛み締めてベアリングをちょっと浮かした後、中で挟みなおしてプーラーで引っ張りだす感じでOKですが、

ちょっとくらい適当でいいなら、大だけでもOKそうです。まあ、どうせ外すベアリングは壊れてもいいんだし。

 

しかし、Benly110で80000kmベアリング全交換なら、重量のあるジャイロは50ccでも100000km程度でベアリング交換する必要はありそうです。

 

100000kmごとに、あのデカぶつの分解とは

大変そうですね・・・。

 

武経七書ー李衛公問対

 

軍隊の単位の起源ははるか紀元前まで遡るらしい。

 

唐の時代のお話とされる、李衛公問対の主人公の一人、李靖によると、

中国の春秋戦国時代における、雄藩の一つ斉の国の宰相である菅仲の話として、

軍の単位を、

五人で(伍)、五十人で(小戎)、二百人で(卒)、二千人で(旅)、一万人で(軍)とした、とある。

 

現代にすると、小隊⇒中隊⇒大隊⇒旅団⇒師団 の兵数に大体あてはまる。

 

キリストが生まれる前で漢の劉邦が中華を統一する前の話である。

 

時代や国によって定数が異なるがだいたいそんなもんである(ちょっと少ないが当時の人口としては妥当性がある)。

 

 

UNCLAIMED PROPERTY 2

事の発端は以下のアメリカからの手紙から始まった・・・。

 

米国株を直接保有していると、四半期に一度のわりあいで、わけのわからん英語がうじゃうじゃ書いた手紙がやってくる。

またかよ・・・めんどくせー、と思い、全く無視して読まず放置・・・。

 

これが悪くて、後に大変なことが起こるのです!

 

UNCLAIMED PROPERTY 1

JUGEMテーマ:資産運用

 

「Unclaimed Property」

 

米国の金融用語として、あまり聞かない用語ですが、

米国では日本と異なり、放置している資産は国(というか州)に 没収 されます・・・。

予め決められている期間を経過すると、放置されている資産が自動的に国(実際には州)の金融部署の管理下に移管されます。

 

(移管先部署の例↓)

Delaware Department of Finance
Office of Unclaimed Property

 

さて、米国に資産をもっていたんだけど、それほどの資産でもなかったため、放置状態で気づいたらゼロになっていた・・・。なーんてことは、ありがちですが、何故だか日本語のWebには、その情報が無いです。

 

そこで、備忘録及び情報公開として、没収から取り戻すまでの方法を記載する。

 

香港人 日本旅行

満喫の映画サイトの隅の方にある、外国人用日本紹介番組。



日本人があまり知らない、観光サイトを紹介してます。


でも、香港人が番組の主役のこの番組。

香港人の男子は登場しません。

何故でしょうか・・・。


それは、

土日になると、香港男子はフェリーに乗って、東ではなく西を目指すのです!!


そしてサウナでモクモクするのです!!


(さあ、そこは何処でしょうか?)