クランクケース組み 続

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

サービスマニュアルによると、クランクケースを閉じた後は、

メインスタンドの組み立てである。

 

その前に、割れたクランクケースより、ファイナルベアリングを(もったいなから)取り出したときのファイナルギアオイルのようすが下。

 

↓ファイナルギアオイル

 

 

かなり鉄粉が紛れ込んでいます。

ファイナルギアベアリング交換後にファイナルギアオイル交換をしていなかったのだが、こいつも初回1000km交換だったっけかな?(ベアリングに損傷はなし)

いずれにせよ、ファイナルギアを組みなおしたら、ファイナルギアオイルは1000km程度ですぐに交換したほうがよさげである。

 

 

↑ メインスタンド再取り付け

 

さて、実はBenly110のクランクケース交換で、最も大変なのが、実はクランクベアリング交換ではなく、

実は、メインスタンドの取り付けであることが判明した。

 

センタースタンド取り付けピポットシャフトの端っこにつける、割ピン(ぐにぐににしてなんとか突っ込んだ)。

 

これに3時間ほどついやすのである・・・。

 

なぜなら、腰下をOHするほど走行距離のあるBenly110は、低床であるためにスキットプレート(エンジン下部に取り付けるエンジン保護用鉄板、オフロードバイクによく取り付けてあります。なお、スーパーカブ110オフロードモデルにはスキットプレートがないので、なんちゃってオフロード風小型バイクである。みえないところにコストカット感を感じる最近のHONDA)

がぐにぐにになってゆがんでいるので、スキットプレートとシャフト間のワッシャーのために(スキットプレートの鉄板が歪んでいるのでその外部につけるワッシャーが均一にシャーシ側につかない)、ピポットシャフトの端っこにある割ピン挿入部の穴を完全に露出させることが困難なのである。

 

従って、左手でもったパイプレンチで無理くりスキットプレートをクランクケース側に圧縮しつつ、右手でペンチでもった割ピンを、約2分の1しか露出しない割ピン用の穴に、ぐりぐりねじ込むのだが、これが、非常に難しい・・・。

たぶん、ここがBenly110オーバーホールの一番の難所であると思われる・・・(こんなどうでもいい感じのところに非常にアナログな労力が費やされるのである)

 

ぐりぐり、ぐりぐり、・・・パキッと、1本だめにしたので、古いのをつかってようやくねじ込むのである・・・。

 

まあ、不可能な場合は、針金でもいい感じはするんだが、せっかくだから。

 

わかる人はわかるんだ。

この0.1mmのクリアランスもない作りが HONDA なんだ!

ハーレーとは違うぜ!!

 

 

コメント