クランクケース組み

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

クランクをクランクプーラーでクランクケースに引き込んだところ・・・。

 

 

これは、非常に慎重にやらなければ、

BENLY110の場合、クランクケースのベアリング保持個所が脆弱なため、またHONDAismを味わうことになる。

(HONDAismを感じるには、コストがかかるのです!)

 

じんわりじんわり、クランクプーラーを引きながら、ほんのちょっと新しいクランクケースの、ベアリング保持部の裏側の溶接部の一部が0.1ミクロンほど、まるで、メッキがはがれるような感じで、小片がポロっと落ちた・・・。

(やっぱ、これいじょうやると、HONDAismかな・・・。と思いそのへんでやめとく)

 

で、クランクの蓋を閉じる

 

 

 

クランクの蓋を閉じて、

クランク大腿部のクリアランスを測定、0.1mmとなり、規定最小値であった。

 

しかし、クランクシャフトが固い・・・。サービスマニュアル通り組んで、規定トルクでぼるとは締めてある。

 

まあ、まわりだせば、クリアランスが適正になるのかな、たぶん・・・・。

 

コメント