EATSガチでやった結果

JUGEMテーマ:資産運用

 

 

オンライン時間で売り上げを按分すると、

時給 約2000円となりました。

 

バイクだと、1日やると約6Lガソリンを消費しますので、ガソリン代金は750円ほどですね。

あとは、タイヤとか各部パーツの劣化が1日410円ほど(車両代金30万を2年で償却すると考えます)です。

 

すると、1日8時間労働と考えると、日給で15000円位と考えてよさそうです。

ただ、ガチでやった結果なので、ダイエット目的とかいろんなとこに行けるのが楽しいとか、やる目的は様々なので、あくまでもガチでEATSをやった結果にすぎませんので、参考程度にしてください。

 

青色申告すると経費が利用できるので、可処分所得は日給1.5万の通常雇用形態よりあるでしょう。ただし、危険回避は自己責任となりますので、その分はリスクを自分で負っている分ですね。

 

なお、1日あたり、3件ほどやりたくない注文(いたずらや嫌がらせに思えるもの)はキャンセルしてますが、全体の受注量には影響しないようです。

 

会社とか嫌いで、一人でモクモク仕事をしたい人なら、この仕事は向いていると思います。

ただ、稼げるようになるまでに努力は必要でしょう。

(なお、著者はバイトでデリバリをやったことが豊富なため、経験があります)

 

いろんな車両(自転車も含む)でやっている人を見ますが、バイク便出身者としては、シビアな目で見てしまいます。

バイク便ではHONDA車が人気です。なぜかと言えば耐久性が優れているからです。まるで車のことをTOYOTAと言う途上国のようですが、金稼ぎに行くという視点を第一に考えると、「壊れにくい」ということが車両には一番重要となるわけです。

理想的なことを言うと、水冷で燃料タンクが大きい車両がよいでしょう。空冷だと暑い日は、熱だれしてパワーが出なくなります(レジャー目的では空冷と水冷の出力低下差はあまり感じませんが)。

燃料タンクは1日6Lを消費すると考えると、8L以上は欲しいところですし、2段階右折やスピード違反切符をなるたけ避けるためには50CC超のが理想的です。さらにタイヤはチェ〇シンとかは雨の日のグリップを考えるとあまり・・・。

そうすると、選択肢は狭まってきますね(別にEATSやるためにバイクを買うわけではない人は関係ないのですが)。

 

最後に、危険な仕事で

最も必要なのは「運と勘」

(このエリアはなんかヤダとか、この注文は嫌いだな・・・とか、なんか今日は辞めたほうがいいかなとかの直観は素直に従ったほうが良いと思います)

だとも言えます。

 

コメント