無利子の借金は借金でなく預金である(2020年度実績)

JUGEMテーマ:資産運用

 

「借金」

この言葉のマイナスイメージ。

銀行員によると、借金は企業の資産であるという会計上の理屈を述べるが、やっぱり普通の感覚では借金は借金であり利息付きで将来返金しなければならない、大きな負担であるように感じる。

 

しかし、物価が下落せず上昇し続けるのであれば、無利子の借金は預金となる。

どうしてそうなるか?

 

すなわち、物価上昇率が年1%であるとすれば、西暦2020年に手に入れた 100円 は 2021年でも 100円 であるのであるが、2020年に 100円で販売していたキャベツは 2021年には物価の上昇で 101円になっているため、去年手に入れた100円では 去年はキャベツを購入できたのに、今年は去年手に入れた100円でキャベツが買えないことになる。

 

2020年に無利子の借金を100万円したとする。これは2021年になっても、借金は100万円のままかわらない。

しかしながら、去年の100万円の実質価値は上記に述べたように実質価値(物との交換価値)が下がっているため、借金の絶対金額は変化しないが、借金の実質価値は下落しているのである。

 

すなわち、無利子の借金は物価上昇分の利率が発生する預金となる(ただしいずれ返済する必要があることだけが預金と異なる)。

 

同様に、「国債」の利息を毎年の歳入から支払うことに大きな心配をする人がいる。

もちろん国の借金の利率だから絶対金額は個人にとっては、天文学的に莫大である。

 

しかしながら、国債の利率と物価の上昇率が同一であれば、利息を含めた国債償還金額の交換価値は変化しない。すなわち永遠に交換価値的利息がつかない借金となる。だから国は借りっぱなしでもなんの問題も無い(実質的な交換価値的利息は払う必要がないから)。日本の国債に関してはその償還よりも、どっちかと言えば貸してくれる人がいなくなって来ているというのが真の問題点であるのだ(即ち国債の世界的ランクの下落)。

 

「物価の上昇率と借金の利息が同一以下であれば借金は預金となる」

(※ただし、物価が下落すればこの定義は崩壊する(というか逆になる)・・・。)

 

コメント