インドでもインフル

JUGEMテーマ:歴史

 

 

ということで、インドでもインフルの影響により、社会生活が混迷に入ったようである。

 

スペインのコルテスが、300人の兵で新大陸のアステカ帝国(兵力10万)を、完全に滅ぼしたのは、

スペイン兵が新大陸に持ってきた、黒死病のため。

単一民族の国は力では滅ばず、病で滅ぶ。

そもそも、疫病の世界史(マクニール)によれば、人類は食糧供給のために集団生活を実施するようになってから、特に水田地域では、水を媒介とする回虫によりその労働力と生命を著しく損耗していた。人口密集地域や排泄物の適正な処理がなされなかった中世までは、感染症の蔓延は戦争によらずヨーロッパの人口の数10%以上の減少を招いたらしい。

いずれにせよ、人口密集地域では感染症が多いため、多くの抗体を確保した者、若しくは、新たな抗体を確保できた者だけが生き残れるという、力によらぬ適者生存的な自然界の間引きが行われていたわけであるが、インド都市部では超過密な人口であるので、どうなるのであろうか。

 

 

コメント