ファイナルギア組み

JUGEMテーマ:車/バイク

 

さて、いまさら気づいたのであるが、

クランクケースを交換すると、ファイナルギアも新しいクランクケースに移行しなければいけない。

従って、ファイナルギアベアリングも全て取り外して移動となる。

 

 

以前、ファイナルギアのベアリングの全交換は2000km前であった。

ところが、たった2000kmしか走行していないのに、ベアリングに多数「ガリ」が発生している・・・。

まるで20000km走行後の状態に近いのである・・・。

 

ドライブシャフトの後部ベアリングを回してみたところ、特定の回転角で引っ掛かりがある。

心当たりは、専用工具が無かったので、ガンガンハンマーでぶったたいて、ドライブシャフトを入れたことである・・・。

 

「やっぱり、荒業の影響が・・・」

 

どうも、クリアランスの無いHONDAの特性か緻密な作業が必要なようである。

 

 

今回は、専用工具があるため、ドライブシャフトを慎重にインストールしました。

 

(原因の考察)

ドライブシャフトをハンマーでぶったたいてインストールしたため、若干歪んでギアがインストールされた。

そのため、全体のギアが歪んだ動作をして、ギアボックス内の約半数のベアリングの劣化が早まった(特にドライブシャフトの後ろ)。

 

「ファイナルギアのメンテナンスにプーラーは必要です!」

 

コメント