オーディオ用抵抗 頂上対決!(お小遣いで手に入る程度の)

JUGEMテーマ:オーディオ

 

(お小遣いで手に入る程度の)

オーディオ用抵抗 頂上対決!

 

とうことで、

アッテネーターに利用する抵抗を比べてみました。

 

「抵抗器なんて、そんなに変わるもんじゃない」と思う方々。あなた方は普通の考えをもってらっしゃいます。よほど品質の悪いものを使わない限り、そんなに変わりません。

 

しかし、趣味性の高いオーディオという世界では、化粧品のパッケージが高級になれば中身は同じでも高く売れるのと似たようなもので、何が音という感覚に作用するか、プラチナナノコロイドを入れてみたらどうなるのか?っていうような感覚で微妙な音質の変化が重要になったりします。

 

そういうわけで、3つの代表的な抵抗器を比較してみました。

1.Mundorf 酸化金属皮膜抵抗器

2.DALE NS-2B(3W)無誘導巻き抵抗器

3.セメント抵抗器(オーディオ用標準品)

 

前提として、アッテネーターはマルチ型スピーカーの各スピーカーユニットの能率を調整して全体としてまとまりのある音を出すためのからくりです。フルレンジのスピーカーならそんなものはいらないし、音質に対しては通常悪影響しか与えないものになります。だから、オーディオ用の場合は、いかに電気信号を劣化させずに熱損失させるかという矛盾した機能が、その抵抗器に必要な性能となります。

↑ ホーン型スピーカーの背面 アッテネーター部

(右側のロータリースイッチ背面に エントリーした各抵抗器を設置した状態。)

 

L型アッテネーターを利用してますが、緑色のMundorf抵抗器だけはマイナス側もMundorfを利用してます(マイナス側なので大きな影響はないでしょう、たぶん)。

 

SACDクラシック(ブラームス)

1.SNが良い落ち着いた音質。比較の問題だが、セメント抵抗器と比べると明らかに雑味と歪みが少なく感じる。

2.同上

3.やや他の抵抗器と比べると雑味が多い。

 

JAZZ ニーナ・シモン

1.やはりSNは良いが、若干JAZZの勢いを削いでいる感じ。

2.Mundorfよりかは勢いがあるか?僅少の差でよくわからない。

3.価格差を鑑みると、セメント抵抗でもよい感じ。雑味はあるが演奏の勢いは削いでない。

 

ロック

1.ほぼ変わらない

2.ほぼ変わらない

3.ほぼ変わらない

 

バルトーク バイオリン協奏曲1 ←決め手になった音楽ソース

1.バイオリンの音がDALE抵抗器とは異なって聞こえる、やや細い。

2.比較の問題だがバイオリンの音はMondorfより豊かさあり。

3.比較の問題だが、やや雑味あり。SN悪し。

 

 

 

<総評>

1位 DALE NS-2B

2位 Mundorf 金属皮膜抵抗器

3位 セメント抵抗器

 

ちょっと意外な感じを受けた。

+とー側で一致させた抵抗を利用した、Mundorfが一番良いという先入観を持っていた(その大きさからも)が、ちっこいDALEの無誘導巻き抵抗器のほうが、音の勢いを削いでいる感がなくよかった。Mundorfに難点があるとすれば、真面目過ぎる音質なのである。SNが良く、良くまとまっている音質を聞かせてくれるのであるが、ロックやJAZZになると、セメント抵抗のほうが良いのではないか?と感じる時があった。

これは、音楽は芸術の手段であり、その表現にロックのよう(一部のJAZZも)に音をわざと歪ませたりして、その音楽性を表現しているものまで、折り目正しくしてしまう感を感じたからである。

しかしながら、生の楽器の音を聞かせるクラシック系になると、俄然、セメント抵抗器は劣る存在である。

一方、DALE NS-2Bは音楽性を比較的あまり削がないでうまく電気的損失をかけているように感じた。決めてになったのが、バルトークのバイオリン協奏曲1番で、このソースに関しては、バイオリンの生の音が悪いと聞けたもんじゃない曲だから、雑音や歪み、スコーカーの周波数から出る音が明確にわかるのである(ホーンスコーカーの場合、バイオリンの周波数は主にスコーカーから出ます)。このソースだと、びっくりしたのが、バイオリンの音質の違いが、違うバイオリンを使っているかのように(といっても意識して聞き分けなければわかりません)、MundorfとDALEでは異なって聞こえるのである。結果は総評のとおりである。

 

※注意:アッテネーターは利用しないにこしたことはないので、あえて抵抗器を使う必要はありません。また、ロックやJAZZしか聞かないのであれば、セメント抵抗器でもいいんじゃないかと思います(逆に音の歪みが音楽性を増す場合があるので)。